「お茶」は漢方!?

東洋医学ではお茶は「生薬」の一つ

昔から「薬」としてもお茶は飲まれているんですよ。
お茶は「湿邪」「熱邪」を取り除いてくれるので、
現代の私たちにもとっても合うんです。
「湿邪」「熱邪」を整えることでいろいろなことが期待できますよ。

 喉や口の渇き、余分に溜まった水分、目の重み、膝の痛み
 視界のぼやけ、イライラ、口臭、お通じ、眠りの質 などなど

お茶を飲むタイミングは、空腹時や睡眠前lは避け、
ご自身の心と体の調子に合わせた
「飲むタイミング」と「適量」を見つけてみてください。
飲む量も自分にとっての「適量」が肝心。

お茶だけじゃなくてどんな物事も自分にとっての最適が大事ですよね。
お茶を飲んで眠りにくくなる方は控えた方がいいかもしれません。

「食後の一服」に最適なのは食後30~60分後。
「一服」というだけあって、カラダに良さそうでしょ!

世界各国のお茶

お茶にも種類は色々。
緑茶、烏龍茶、紅茶、花茶 などなど。

日本といえば緑茶
「苦味」は熱邪を追い出すのに効果的なので、
暑い時期は緑茶が季節的には適しています。
日本代表の玉露は60度で淹れるお茶でまろやかな甘みがあり、
残った茶葉は食べられます。

台湾は日本と似た気候。
東方美人高山茶などまろやかなお茶がたくさん。

中国大陸では脂っこい食事が多いので烏龍茶が好んで飲まれます。
杭州の龍井茶は日本の緑茶のように淹れて飲めるので、
いつもの生活に取り入れ易いかもしれません。
また、菊茶やジャスミン茶など花茶も多く飲まれています。
花茶は美容にもいいですしね!

イギリスインド紅茶ですね。
紅茶は陽気を補う効果があるので、お腹を温めてくれたり、
生姜と一緒に飲んで寒邪を払うのにも適しています。
 
その他にも、韓国中国台湾などでは、お茶にはと麦や棗(ナツメ)、
枸杞(クコ)などを入れた薬膳茶なども飲まれています。

食生活がグローバル化している現代、
食事や体調に合わせた「お茶」を楽しみながら選ぶのも楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です