<ニイツ母の還暦旅行記>
その④ 最終回

ながながと私の旅話におつきあいいただいてありがとうございます!
ということで、この旅行記は今回が最終回です。

さて、翌朝は弟は友人の結婚式へ。
若い者同士楽しんできてください!ということで、
母と私は(もう救急車はごめんなので)のんびりと過ごすことに。

ハワイの朝は、空も海も風も何もかもが透明で、
自然とアスファルトじゃなくて浜辺を歩きたくなってしまいますね!
朝から海で楽しそうに過ごす人たちを見て、あー気持ちよさそう!!
笑顔の氣がこちらにも届いて、見ている私達も笑顔に^^

ダイアモンドヘッドに登るのは母は控えることにしたのですが、
その代り、バスでハワイの風と景色を感じながら
ワイキキからダイアモンドヘッドをぐるっと回るバスでドライブへ!
たまたま私達が乗車したバスは、私達ともう1組かしか乗客がいなかったので、
アロハなドライバーさんが、「ここは写真スポットだよ!」とか、
「おいでおいで! 写真とってあげる!」「ここから見る海の景色は最高だよ!」と
バスを止めたり降りたりして案内してくれ、
「あの丘に僕の家が有るんだよ!」と、教えてくれたり、
現地の人に話しかけて交流させてくれたりしながら、
「ハワイはいいとこだろ!」と、ゆっくりと案内しながら回ってくれたんです!
なんだかとってもアロハでマハロなひととき。

次の日、母はホテルで待機、私と弟はダイアモンドヘッドに登ってきました。
思っていたよりも急勾配でゴツゴツした道なり。
途中から二人共無言で汗を拭いながら登りました。
頂上につく手前に小さい小屋のような隙間を這って上がると
頂上に続く道に出るんですね、その暗い穴から出たら、なんと!!!!

虹!! しかも、ダブルレインボーが出てたんです!!
ダブルですよ♡ こんな偶然って!!!

もう少し早く着てても出会えなかったし、遅くても間に合わなかった!
なんかこの偶然にただただ感動!! マハロ~~~

ハワイに行く前に、ホ・オポノポノという本を読んだんですね。
ハワイの先住民が伝統的にしてきている習慣で、
その習慣の目的は「幸せを感じること」だと
私は思っているんですがその習慣では4つの言葉を大切にしているんです。

ありがとう・ごめんなさい・許してください・愛しています

なんてシンプルで、素直で、純粋なんだろうって思いませんか。
こういうエネルギーがハワイにはあって、その氣に私達の氣も触れて、
今回の旅では気づきや素敵な感動や出会いや思い出を
つくることができたんだなって思ったんです。

母の還暦旅行がこんなに心が満たされて、
浄化される素敵な旅になるなんて思ってもいませんでした。
あーみんなで行けてよかった! 全てに感謝!!!

そのとき、そのときを大切にして、大切にしたい気持ちに素直になること、
起こった出来事に振り回されず、その先には感動が有るってこと、
あれもこれも! と欲深くならず一個一個をじっくり味わうこと、
なんか、こういうことが私にとって幸せだなぁって思えることに
繋がる大切なことかもなぁって気づかせてもらえた気がします。
心満たされ大満足の旅行記でした!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です